スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道内は6日以降、日本海側を中心に局地的な大雪に見舞われている。札幌管区気象台によると、5日には16センチしか積雪のなかった岩見沢市は18日午後5時現在で約7倍の119センチ(平年比140%)に。他地域でも、夕張市は5日の28センチから153センチ(同184%)、札幌市は21センチから70センチ(同140%)に増えた。【木村光則、田中裕之、吉田競】
 同気象台によると、昨年末までは低気圧が太平洋に抜ける日が多かったが、今月6日以降は大陸から強い寒気が流れ込み冬型の気圧配置が続き、雪雲が風に乗って北海道上空に到達するようになったのが要因という。
 16、17の両日、市内線のバスがほとんど運休した岩見沢市。「除雪費の予算は減っていない。むしろ態勢は強化しているが、ここ数日、バス通りや幹線道路を重点的に除雪しても、次々と雪が降って間に合わない」と担当者は悲鳴を上げる。農業用ハウスの倒壊なども相次ぎ、18日には豪雪対策本部を設置。除排雪の強化に加えて、独居高齢者の安否確認などを行うという。
 日本自動車連盟(JAF)札幌支部では、6日以降、雪による救援要請が止まらなくなった。札幌圏の6~17日の救援依頼件数は計8925件で、昨年同期の3569件の2倍以上。担当者は「こんなに大量の救援依頼が連日続くのは記憶にない。除雪が追いつかず、タイヤが雪に埋まる『落輪』の続発が一因」と指摘。救援要請の8割が落輪によるものだ。
 国道を管理する北海道開発局では、10年度予算で除雪費などを含む道路整備費が2割削減されたため、これまで5センチ未満の降雪でも除雪していたところを、今冬から原則、降雪量が5~10センチに達し、さらに降雪が予想される時のみ出動する態勢に切り替えた。また、除雪後にできた雪山をすべて排雪してきたが、今冬から道路脇に一部の雪山を残す「カット排雪」に切り替えているという。
 一方、恩恵を受けているところもある。電動除雪機を販売する「イーグルモーターサイクル」(札幌市)では今冬、18日現在で約130台の除雪機が売れており、既に昨冬通期の145台に切迫。08~09年シーズンの125台を超えた。同社では「1月に入り、一般家庭から小型除雪機の注文がどかっと来た。問い合わせは今も続いている」と説明する。ホームセンターの「ホーマック」(同)も、雪かき用のシャベルやプッシャーの売り上げが全道的に増えているという。ただ、札幌圏は増えておらず、同社広報担当者は「降雪量が多すぎて外出を控えた人が多かったのでは」と推測する。
 札幌管区気象台によると、降雪は今後も続く。石狩、空知地方では19日昼過ぎまでの24時間降雪量が最大で40センチに達する見込み。今後1週間は日本海側を中心に雪の降る日が多いという。
 北海道開発局と道、札幌市、東日本高速道路は17日に連絡会議を開催、情報共有や除雪作業の連携で合意した。接続する国道と道道の除雪を同時間帯に行うことや、高速道路が通行止めになった場合に並行する国道の除雪を優先するための態勢整備など具体策を今週内に決めるという。

1月19日朝刊



※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110119-00000012-mailo-hok





スポンサーサイト

四国B級ご当地グルメフェスタ

安くておいしい「B級グルメ」が気軽に楽しめる「四国B級ご当地グルメフェスタ」が11、12の両日、愛媛県東温市見奈良のクールス・モール特設会場で開かれる。話題のB級グルメを通した“地域おこし”が主な目的で、「今治焼豚玉子飯」(愛媛県今治市)や「とくしまバーガー」(徳島市)などの定番メニューのほか「津山ホルモンうどん」(岡山県津山市)などの四国以外のB級グルメも堪能できる。

 会場では、ご飯の上にスライスした焼き豚と目玉焼きをのせ、甘いタレをかけた「今治焼豚玉子飯」や、牛肉の代わりにじゃこ天を使った「じゃこかつバーガー」(松山市)、鶏がらなどでだしを取り、太麺であっさり風味が特徴の「八幡浜ちゃんぽん」(愛媛県八幡浜市)などの県内の定番B級グルメが参加。このほかにも、噛みごたえのある麺が特徴の「富士宮やきそば」(静岡県富士宮市)や、「津山ホルモンうどん」など、全国的にも有名なB級グルメも参戦する。

 愛媛県内のB級グルメの魅力を発信することなどを目的に8月に設立された「四国B級ご当地グルメ連携協議会・愛媛支部」(田中雅仁支部長)が主催するイベントで、同支部がグルメフェスタを開催するは今回が初めて。

 入場無料(B級グルメは有料)。11日は午前11時から午後5時、12日は午前11時から午後4時。問い合わせはフェスタ実行委((電)0897・47・4307)。



※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101209-00000029-san-l38





「甲府鳥もつ煮」優勝

B級ご当地グルメの祭典「B-1グランプリ」での「甲府鳥もつ煮」優勝を記念し、甲府市丸の内1のカフェ「EIGHT CAFE丸の内店」が全国のB級グルメの日替わりランチを提供し、人気を呼んでいる。17日まで。
 店長の小川美紀さん(30)が発案した。1日から始め、「小倉うどん」(北九州市)や「油麩(ふ)」(宮城県登米市)など、全国10カ所のご当地食材を使ったメニューが平日に登場。初日は「みそ味ぶた丼」(北海道帯広市)、13日の「油麩丼」は、麩を軟らかく煮て卵でとじて、ご飯に乗せた一品だった。
 17日には「鶏もつ煮どんぶり」が登場する予定。小川さんは「王者ですから、最後がふさわしいと思って。この機会に他のB級メニューも楽しんでほしい」と話している。【春増翔太】

12月15日朝刊



※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101215-00000102-mailo-l19





瀬戸焼きそばにごも飯などが付いた銀座茶屋の「瀬戸味セット」


 明治時代に誕生し、やきものの街・愛知県瀬戸市の中心街として発展した銀座通り商店街(46店舗)。レトロな建物が連なる通りの中に商店街有志が経営する「お休み処 銀座茶屋」がある。店長の吉見都代子さん(66)が手際よく鉄板で焼くのが「瀬戸焼きそば」。B級グルメブームもあって、週末には1日100食が売れる人気メニューだ。高度経済成長期の1960年代には、窯元で働く人たちでにぎわった商店街は今、約15カ所の空き・休業店舗を抱える。そんな中、瀬戸焼きそばの好調ぶりに商店街の期待がかかる。

【これがB-1グランプリ】甲府鳥もつ煮が優勝 43万人来場

 同店の瀬戸焼きそばは、鉄板でしっかりといためた茶色めんに、具は豚肉とキャベツのみ。味付けは、ソースではなく、だしとしょうゆで煮込んだ豚肉のスープをかける。吉見さんは「さっぱりしているので高齢者にもいい。こんなに有名になるとは思いませんでした」と笑う。

 商店街は1960年代、窯元で働く人たちの給料日翌日に合わせて近くの神社参道に市がたつほどにぎわった。しかし、大型店の進出、経営者の高齢化などで80年代ごろから空き店舗が出始めた。

 活気を取り戻そうと、銀座通り商店街振興組合は98年に商店街活性化計画を策定。同組合代表理事の河本篤さん(52)の発案で、買い物に来た人が休める場所を作ることになった。それがこの店だ。

 ◇「ごも飯」とセットも

 組合で何度も会議を開いて具体化。組合の事務所として使っていた元ふとん店の空き店舗を利用し、01年4月に開店した。商店街有志らで設立した会社が経営する。街づくり活動に取り組んでいた名古屋学院大の学生が加わり、女子学生が初代店長となった。

 開店から数年後、商店街メンバーの発案で焼きそばをメニューに登場させた。商店街の人たちに試食してもらいながら、1カ月、試作を重ねてレシピを完成させた。窯元で働く人が忙しい作業の合間を縫って食べていたというごも飯(五目飯)と一緒に瀬戸の味が楽しめる「瀬戸味セット」も提供している。

 河本さんは「瀬戸を知ってもらうため、瀬戸の味を売る先頭に立っていけるようになりたい。楽しみに出かける街にならないと生き残れない」と言い、瀬戸焼きそばを魅力の一つに据える。

 吉見さんは、開店当時からパートとして働いていたが、06年、店長になった。瀬戸で子ども時代を過ごした吉見さんは、昔と比べて商店街が「静かになった」と言う。しかし、土日は若者の姿も目立つようになってきた。「遠くから来てくれたお客さんが『また来たよ』と言ってくれるのがうれしい」。瀬戸焼きそばには、商店街再生への思いがつまっている。【岡村恵子】

 ◇現在は3店舗で販売

 瀬戸市の焼きそばは、「地下街の焼きそば」として市民に親しまれてきた宮前地下街の「福助」(閉店)と「大福屋」が知られている。市まるっとミュージアム・観光協会によると、さらりとして食べやすいことから窯元で働く人たちに好評だったという。同協会によると瀬戸焼きそばは、味付けに豚肉を煮込んだしょうゆ味のスープを使うのが特徴。現在「瀬戸焼きそば」として販売しているのは3店舗。ごも飯と共に瀬戸の名物として知られる。




※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101219-00000015-mai-soci





肉巻きおにぎり「Mooノ山&Booノ山」

◇肉巻きおにぎり「Mooノ山&Booノ山」
 やぶ市観光協会は20日、地元の食材を使った「やぶB級グルメ」の入賞者を発表した。優秀賞は養父市上箇、会社員、藤原まり子さん(32)の肉巻きおにぎり「Mooノ山(も~のせん)&Booノ山(ぶ~のせん)」が選ばれた。
 Mooノ山はピーマン、Booノ山はサンショウが入ったご飯を但馬牛肉と八鹿豚肉で巻き、フライパンで焼いて仕上げた。氷ノ山をイメージした三角形。味付けで和、洋、中と自由に調理できることが評価された。藤原さんは「形が崩れないよう固めに握るなど工夫しました」と話した。
 800円以下で販売する飲食店を募集している。来年1月31日締め切りで3月に販売する。同観光協会(079・664・1555)。【吉川昭夫】
〔但馬版〕

12月21日朝刊



※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101221-00000245-mailo-l28





フリーエリア
プロフィール

doiti

Author:doiti
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。