スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老舗おでん店の「赤玉」

老舗おでん店の「赤玉」
 1927年(昭和2)年創業の老舗おでん店「赤玉」(金沢市片町、TEL 076-223-3330)は「金澤おでん 赤玉」の商標登録を機に、このほど「金澤おでん嗜み(たしなみ)会」を発足し、おでんを通じた地元の活性化と地産地消の推進に取り組んでいる。(金沢経済新聞)

【画像】 「赤玉」のおでん

 金沢随一の繁華街・片町で長年、営業を続ける同店はガイドブックへの掲載も多く、週末に訪れる客の半分は観光客だという。カウンター15席、小上がり15席、個室6席、座敷(2階)60席、合計96席を設ける。客単価は2,500円ほど。

 戦前は洋食やアルコールを提供するカフェとして親しまれていたが、当時の主人が亡くなり戦後、女手でできる商売としておでん店を始めた。「ようこそのおもてなし」をモットーに、客だけではなく従業員とも家族的な関係を築きながら成長を続けてきた。現在では市内に工場を構えるほどに。

 「おでんの命」とも言えるダシも当時の味を守り続ける。昆布と煮干がベースの基本ダシと、これに大野のしょうゆを加えたダシを使い分ける。おでんは1品100円~。ダイコンや巾着(きんちゃく)などの定番から自家製の肉団子、魚団子、ロールキャベツ、しのだ巻き、季節の食材を生かした加賀レンコン団子、梅貝、カニの甲羅に身を詰めた「カニ面」、車麩など地元の食材も取り入れる。

 「金沢のおでん店は、『おでん店』兼『居酒屋』のスタイルが特徴」というマネジャーの佐津川江美子さん。同市中央卸売市場で仕入れた旬の食材を使った一品料理も豊富に並ぶ。旬の刺身のほか、「のど黒の塩焼」(1,500円)、「さばのいしる焼」(780円)、「白子天」(750円)、「かにみそ」(380円)、「かぶら寿し」(500円)、「ナマコ酢」(500円)、「金時草のお浸し」(400円)などのご当地ならではのメニューは観光客にも人気が高い。

 全国的にB級グルメの人気が高まる中、同店でも金沢のおでんをPRするため全国各地のグルメイベントに積極的に参加する。現在13店が加盟する同会のキャンペーンも計画中で、事務局代表を務める綿谷和明さんは「絶妙なダシとネタのバランス、人をもてなす気持ちが詰まった『やさしさがいっぱいのおでん』が金沢おでんの特徴」と話し、今後のPR活動に意欲をみせる。

 営業時間は15時~翌2時。月曜定休。




※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101220-00000040-minkei-l17





スポンサーサイト

女性に聞いた、2010年に点数をつけると!? ココロとカラダのデトックスに払える金額など




拡大写真
年末までにやっておきたいことがありますか?
 カリフォルニア プルーン協会は26日、ココロとカラダの「デトックスに関する調査」の結果を発表した。調査対象者は20~39歳の女性320名。調査期間は11月4日~7日。同調査は11月26日の「いいプルーンの日」にちなんで実施されたもの。

他の写真を見る

 まず「年末までにやっておきたいことがありますか?」という質問には、83%が「ある」と回答した。やっておきたい事の内容としては、「大掃除、今後の身の振り方」(30歳・一般事務)など掃除に関するものや、「彼氏をつくる」(31歳・法務事務)など恋愛関連、「ダイエット」(30歳・秘書)など身体に関する回答に分かれた。

 また2010年という年に点数をつけてもらったところ、平均で「67点」という結果になった。全体では高くも低くもないという印象だが、中には「0点。全てを失った1年でした。退職後に婚約解消した」(30歳・秘書)という回答も見られた。その一方で「100点。日々幸せなので」(34歳・企画制作)というポジティブな回答もあり、人によって様々な1年を過ごしてきたようだ。

 ただし2010年の点数の平均が67点と、高いとはいえない結果になったが、「今年ココロに溜め込んだものがありますか?」という質問に対しては、96%が「溜め込んだ」と回答。「ただ年だけとってしまったという不満と不安」(38歳・営業)、「夫への悩みをあまり話せず一人溜めてしまった」(36歳・パート)などのコメントがあがった。

 そこで「ココロのデトックス方法」ということで、ストレス解消法を尋ねたところ、トップは「美味しいものを食べる」(69%)、次いで「ゆっくり寝る」(61%)、「音楽を聴く」(40%)、「本を読む」(31%)などとなった。さらに「今年ココロに溜め込んだことをすべてデトックスできるとしたらいくら払えますか?」と聞いたところ、平均で「85,353円」となった。ちなみに身体に溜め込んだことを「デトックス」できるとしたら払う金額としては、平均で「91,944円」となった。

 「カラダのデトックス方法」としては、「お風呂にゆっくり入る」(63%)、「よく寝る」(60%)、「水を沢山飲む」(40%)、「スポーツをする」(36%)、「エステに行く」(27%)となった。さらに23%が「ナチュラルフードを摂る」と回答しており、その一つであるプルーンの効果として、「貧血改善」(81%)、「便秘改善」(56%)、「美肌効果」(41%)、「ダイエット効果」(15%)などがあがった。NPO法人日本ハーブ振興協会主席研究員などを務める飯野耀子氏によると、むくみの予防・改善や、腸内の老廃物の排出などを期待することができるという。




※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101126-00000018-rbb-ent





市民マラソン空前のブーム 申し込み殺到女性ランナー増加




拡大写真
今年の「大阪ハーフマラソン」に参加した選手たち。空前のマラソンブームが続いている=1月31日、大阪・長居陸上競技場(写真:産経新聞)
 広州アジア大会は27日、最終日のマラソンを迎えたが、市民マラソンのブームはとどまるところを知らない。来年10月末に大阪マラソンの初開催を控える中、2月に5回目を迎える先輩格の東京マラソンには、定員の10倍近い30万人以上の申し込みが殺到。大阪国際女子マラソンに合わせて行われる1月の大阪ハーフマラソンも、過去最短の5日間で応募を締め切るなど、参加すること自体が難しいほどの人気となっている。 

 月刊「ランナーズ」を発行する出版社「アールビーズ」によると、10キロ走やハーフマラソンなども含め、国内で今年開かれる市民参加型マラソン大会は約1500。参加者総数は前年の約1・2倍に増えている。

 日本陸連が公認する約50のフルマラソン大会で完走した市民ランナーは、平成16年度の7万8千人に対し、21年度には2・1倍の16万6千人に増加。最近は女性の比率が増し、おしゃれなウエアで快走する「美ジョガー」という言葉も生まれた。

 ●「東京」火付け役

 ブームの火付け役となった参加3万人規模の東京マラソンは、申し込み数が第1回大会(19年、約9万5千人)から年々増え、来年の大会は定員の9・6倍となる過去最多の約33万5千人が申し込む盛況となった。

 来年1月30日に行われる大阪ハーフマラソンも、10月の申し込みで、定員4千人がわずか5日間で“完売”。今年は、同日の大阪国際女子マラソンと同時刻にスタートし、途中に国内外のトップランナーと対面走行できるようコース変更したことも影響し、今でも問い合わせが多数寄せられているという。

 かつては締め切りまで1~2カ月かかるのが普通だっただけに、事務局を務める大阪市体育協会の担当者は「市民マラソン熱の高まりはわかってはいたが、想像以上の人気」と驚く。全国から応募があるといい、「各地の大会を『はしご』するランナーも多いようだ」と話す。

 ●多大な経済効果

 あまりの過熱ぶりに、大会規模を逆に縮小するケースも現れた。ここ5年間で参加者が約3倍に増えた「かすみがうらマラソン」(茨城県)では、混雑による事故を恐れ、今年から参加数を約2万5千人に制限したという。

 空前のブームに、アールビーズの担当者は「東京マラソンがメディアに大きく取り上げられたことで、『私も走れるかも』と触発された人たちが増えたところに、健康ブームなどが重なった」と分析する。

 今年だけでも、予定分を含めて13大会に参加するタレントの森脇健児さんも「かつては一部のおじさんの集まりだったが、若い女性ランナーが増えた。『走るイコールおしゃれ』となり、さらに『走ることでダイエットできる』とはまっていくのでしょう」と熱気を実感している。

 マラソンは、主催者や自治体側にとって“経済効果”という副産物を産む。関西大の宮本勝浩教授による試算では大阪マラソンの経済効果は124億円と見込まれている。

 来秋には神戸マラソンも始まり、京都市が平成24年3月のマラソン開催を計画するなど、受け皿となる大会も“増殖”しそうだ。



※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101127-00000147-san-soci





長期熟成牛肉 赤身のうまさ凝縮




拡大写真
熟成庫で肉を確認する佐野佳治社長(右)と加藤完十郎総料理長=静岡県富士宮市の「さの萬」(写真:産経新聞)
【近ごろ都に流行るもの】

 日本で牛肉といえば、脂のサシ入り霜降り肉が「高級美味」とされてきたが、最近、赤身を寝かせた長期熟成肉が注目を集めている。ウリはヘルシーさだけではない。凝縮した赤身のうまさが食通を魅了しているという。(重松明子)

 静岡県富士宮市の精肉店「さの萬」。冠雪の富士山のすそ野から食肉トレンドを発信し、週末は客の3割が東京からという、知る人ぞ知る老舗である。3代目の佐野佳治社長(59)が3年前から取り組んでいるのが長期熟成のドライエイジングビーフだ。

 室温2度、湿度70%。15平方メートルほどの寒い熟成室に入ると、茶色い骨付き肉が白や緑のカビで覆われていた。「うわ~」と悲鳴をあげると、「牛肉を熟成させる特殊な菌。低温で繁殖するんです」と佐野社長が説明する。通常牛肉の熟成期間は約14日間だが、この室の肉は35~40日目が食べごろという。「菌と扇風機で肉表面の水分を乾燥させると、肉中央部の組織と結合する水分が増えてアミノ酸も増加。赤身でも柔らかく、うまみが凝縮するんです」。汚い外側の3割は捨てられ、キレイな内側のみが可食部となる。

 熟成させた国産ホルスタインを、社長自ら焼いてくれたレアステーキは切り口の見た目からしてみずみずしい。塩で一口ほおばる。…ナッツのような熟成香、ソフトな肉をかみしめると脂とは違う芳醇(ほうじゅん)な肉汁がジュワ~。「赤身の多いホルスタインは熟成効果が最も出やすい」と佐野社長。格付けの低い乳牛が銘柄牛をもしのぐ味わいに劇的変化。その手法が長期熟成なのである。

 佐野社長は試行錯誤の末に独自の手法を確立し、2年前にドライエイジングビーフを初出荷。国産ホルスタイン1キロ7千円、豪州産牛1キロ4500円で、フランス料理店や料亭など東京を中心に十数店に卸している。積極的な小売りはしていないが、「連日問い合わせがすごい。生産能力いっぱいなので熟成室を拡張しなければ」。今後は身近になりそうだ。

 「さの萬」を紹介してくれたザ・キャピトルホテル東急(千代田区)の加藤完十郎総料理長(58)は、ドライエイジングビーフと出合ったとき「豪州産がひざをたたくほどおいしい。熟成でこんなになっちゃうの」と驚いたそうだ。

 10月に新装開業した同ホテルの「オリガミ」では、その豪州産長期熟成肉がメーンのランチ、黒アンガスビーフコース(4851円)が人気だ。野趣ただよう赤身のうまみをにんにくピューレやワサビが品良く引き立て、伊豆直送の根菜類との相性も絶妙。低脂肪だから食後感も軽く、ダイエット中やお年寄りでもイケそう。

 「まだ日本では『同じ値段なら霜降り』の価値観が主流ですが、富裕層や食・健康への意識が高い方が集まるこのホテルだからこそ使える食材ですね。トロを食べ尽くした食通が『やっぱりマグロは赤身』と言うように、長期熟成によって赤身牛肉が徐々に浸透するのでは」と加藤総料理長。

 2年前、玉川田園調布に開店した「中勢以」は、初の長期熟成肉専門店。56日ほど熟成させた但馬牛の赤身肉をモモ100グラム1千円~などで小売りし、有名飲食店からの引き合いも多い。スタイリッシュな空間に深紅の肉が美しく並ぶ売り場は、「脂で価格が決まる霜降り至上主義に挑む」という同店の“闘牛場”である。

 長い時が価値と魅力を醸し出す熟成肉。かみしめるとふと、私もこんなふうに年を重ねたい…としみじみさせる円熟の味わいだ。



※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101129-00000070-san-soci





世界初!? 冷たいスンドゥブが登場




「東京純豆腐」自慢の熱々スンドゥブが夏限定でキンキンに冷たく!
夏の人気メニュー、冷やし中華は中国生まれ…ではなく、実は日本で生まれた日本独自のメニューなんだとか。夏バテしても食べられるように、さっぱりした冷麺が考えられたというわけ。その冷やし中華同様に、本場にはない日本オリジナルの冷たいメニューとして登場したのが東京純豆腐(とうきょうスンドゥブ)の冷製ゴマ坦々スンドゥブ。スンドゥブとは豆腐を入れた韓国の鍋のことで、普通は熱々にしてご飯にかけて食べるもの。唐辛子もたっぷりなので、カプサイシン効果でダイエットや美肌にもいいことは女の子の間では常識♪ そんなスンドゥブを冷やしちゃったのは、やっぱり冷やし中華をマネて? “冷製スンドゥブの謎”を解明すべく、広報の藤木由香さんを直撃!

「東京純豆腐は2006年に青山に一号店をオープンしてから毎年、夏季限定メニューとして冷製スンドゥブを提供しています。ご想像通り冷やし中華をイメージして…と言いたいところですが、実際は宮崎の郷土料理・冷や汁をヒントに考えました。冷たい汁をご飯にかけるという発想ですね。毎年異なる冷製スンドゥブを作っているのですが、今年はゴマの風味がまろやかなゴマ坦々。国産大豆を使った手作り豆腐、トマトやオクラなどの夏野菜、キムチ、肉味噌も入ってボリューム満点です。トマトのリコピンとゴマの抗酸化成分のセサミンパワーで美しさもアップするかも」

いざ試食! というわけで、まずは半熟卵と具材をしっかり混ぜて…。口に入れた瞬間に広がるゴマの甘さに、キムチの辛さがアクセントになって絶妙なおいしさ! さらに、トマトの酸味とミョウガの爽やかな苦味が後味をすっきりさせるから、いつまでも飽きずに食べられる。具がたっぷりで満腹感もあって、男性でも「物足りない」とは思わなそう。これにご飯、3種のナムル、デザートがついてランチ1000円というのもお得。

冷製メニューのほか、酸辣湯(サンラータン)をスンドゥブにした「海老ワンタンの酸辣スンドゥブ」が食べられるのも今だけ、ココだけ! さらに深夜のランキング番組で有名シェフがナンバー1に選んだカレースンドゥブの夏限定バージョン、「夏野菜カレースンドゥブ」も。夏が終わる前にぜひ駆けつけて!【オズモール】



※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100805-00000001-ozmall-ent





フリーエリア
プロフィール

doiti

Author:doiti
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。