スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のボーナスの使いみち、全年代1位は「国内旅行」 消費のメリハリ志向が鮮明に【電通総研調べ】




夏のボーナスの支給予定金額(世帯平均) ※金額記入者のみの平均
 「消費気分調査レポート」は今年の5月に調査が行われ、20~69歳の男女個人(学生除く)1000名から得た回答をまとめた。その結果、消費のメリハリ志向がより鮮明になり、節約の頻度は減少し、ちょっとした贅沢の頻度が増加している。

【写真】夏のボーナスの使いみちとして検討している 商品・サービスのジャンル

 「消費気分調査レポート」は今年の5月に調査が行われ、20~69歳の男女個人(学生除く)1000名から得た回答をまとめた。その結果、消費のメリハリ志向がより鮮明になり、節約の頻度は減少し、ちょっとした贅沢の頻度が増加している。

 2010年度、夏のボーナスの支給予定金額の世帯平均は63.1万円で、昨年の64.5万円とほぼ同額。主な使いみちとしては、「預貯金」21.4万円、「ローンや借金返済」12.4万円、「生活費の補てん」9.5万円、「買い物やレジャー(生活費の補てん除く)」7.7万円となっている。

 具体的な使い道としては、「国内旅行」を検討している人が28.6%で、全年代1位となった。「海外旅行」は全体では5位だが、20代では3位にランクイン。また、約50の話題商品の中から夏のボーナスの使いみちとして検討しているものの1位は「ブルーレイディスクレコーダー」。そのほかに「LED電球」「最新OS搭載PC」、「スマートフォン」、「LEDバックライト液晶テレビ」、「お取り寄せ地方名産グルメ」など高付加価値の話題商品がランクインしていることから、調査レポートでは、消費意欲の回復を受けた結果だと指摘している。



※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100610-00000003-sh_mar-sci





スポンサーサイト
フリーエリア
プロフィール

doiti

Author:doiti
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。