スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界初!? 冷たいスンドゥブが登場




「東京純豆腐」自慢の熱々スンドゥブが夏限定でキンキンに冷たく!
夏の人気メニュー、冷やし中華は中国生まれ…ではなく、実は日本で生まれた日本独自のメニューなんだとか。夏バテしても食べられるように、さっぱりした冷麺が考えられたというわけ。その冷やし中華同様に、本場にはない日本オリジナルの冷たいメニューとして登場したのが東京純豆腐(とうきょうスンドゥブ)の冷製ゴマ坦々スンドゥブ。スンドゥブとは豆腐を入れた韓国の鍋のことで、普通は熱々にしてご飯にかけて食べるもの。唐辛子もたっぷりなので、カプサイシン効果でダイエットや美肌にもいいことは女の子の間では常識♪ そんなスンドゥブを冷やしちゃったのは、やっぱり冷やし中華をマネて? “冷製スンドゥブの謎”を解明すべく、広報の藤木由香さんを直撃!

「東京純豆腐は2006年に青山に一号店をオープンしてから毎年、夏季限定メニューとして冷製スンドゥブを提供しています。ご想像通り冷やし中華をイメージして…と言いたいところですが、実際は宮崎の郷土料理・冷や汁をヒントに考えました。冷たい汁をご飯にかけるという発想ですね。毎年異なる冷製スンドゥブを作っているのですが、今年はゴマの風味がまろやかなゴマ坦々。国産大豆を使った手作り豆腐、トマトやオクラなどの夏野菜、キムチ、肉味噌も入ってボリューム満点です。トマトのリコピンとゴマの抗酸化成分のセサミンパワーで美しさもアップするかも」

いざ試食! というわけで、まずは半熟卵と具材をしっかり混ぜて…。口に入れた瞬間に広がるゴマの甘さに、キムチの辛さがアクセントになって絶妙なおいしさ! さらに、トマトの酸味とミョウガの爽やかな苦味が後味をすっきりさせるから、いつまでも飽きずに食べられる。具がたっぷりで満腹感もあって、男性でも「物足りない」とは思わなそう。これにご飯、3種のナムル、デザートがついてランチ1000円というのもお得。

冷製メニューのほか、酸辣湯(サンラータン)をスンドゥブにした「海老ワンタンの酸辣スンドゥブ」が食べられるのも今だけ、ココだけ! さらに深夜のランキング番組で有名シェフがナンバー1に選んだカレースンドゥブの夏限定バージョン、「夏野菜カレースンドゥブ」も。夏が終わる前にぜひ駆けつけて!【オズモール】



※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100805-00000001-ozmall-ent





スポンサーサイト
フリーエリア
プロフィール

doiti

Author:doiti
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。