スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南足柄マサカリー、全国的な人気となるか?

南足柄市は15日、市職員らが選んだ今年の10大ニュースを発表した。1位は5月に秦野市などと共催した全国植樹祭。今年の漢字も植樹祭にちなんだ「植」に決まった。厚木市で9月に開かれた全国B級グルメの祭典「B―1グランプリ」への足柄まさカリー初参戦が3位。近隣の箱根、小田原に比べて劣る市の知名度を全国に向けて発信した一年となった。

 10大ニュースは今月3日から10日まで、市が設定した48項目の地元ニュースのうち、市職員343人と自治会長や市民ら一般37人の計380人が1人五つずつ選んだ。

 1位の全国植樹祭は断トツの320票が入った。天皇、皇后両陛下のお手植え会場に選ばれ、沿道では雨の中、大勢の市民が両陛下を出迎えた。2位は184票で、3月に63年の歴史に終止符を打った「市立北足柄中学校の閉校」だった。

 172票を獲得し3位のまさカリーはテレビにも取り上げられ、大会では用意した1万食を売り切った。4位は財政悪化で「34年ぶりの普通交付税の交付団体転落」で132票だった。5位はPRキャラクター「キンタローマン」登場で117票。6位に、市内にも被害が出た9月の台風9号による集中豪雨が95票を集めた。

 10月の80年ぶりとなる大雄山最乗寺の首都圏御開帳が79票の7位。41票で8位タイは「県消防操法大会で市消防団第7分団が小型ポンプ操法の部で最優秀」、「金時山山頂にバイオトイレ完成」、10位(36票)が「市文化会館の休館方針撤回」だった。



※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101215-00000029-kana-l14





スポンサーサイト
フリーエリア
プロフィール

doiti

Author:doiti
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。