スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲゲゲ一色の調布で見つけた鬼太郎ファミリーの“妖怪焼き”って?



 秋田県男鹿市商工会は、しょっつる味の「男鹿のやきそば」を提供している市内31店舗で、スタンプラリーを実施している。昨年4月に誕生したご当地グルメの初の食べ歩きイベントで、県内外からの誘客を図るのが狙い。
 スタンプラリーは、31店舗(来年1月15日まで)、3店舗(9月15日まで)、10店舗(同)の3コースがある。3店舗、10店舗の2コースは12月1日~来年1月15日も予定している。
 31店舗を回るコースは、スタンプを全店で集めると「達人」の認定証が授与される。また各コースをクリアすると、宿泊施設の利用券、特産品詰め合わせセットなどが抽選で当たる。
 市商工会は冊子「パーフェクトガイド」を1万部作製。飲食店や季節営業の海の家、スーパーなど計36店舗のやきそばの写真、住所や定休日の店舗情報を掲載している。スタンプラリーの専用シートと冊子は、参加店や市内の観光案内所、秋田県内29カ所の道の駅で配布している。
 男鹿のやきそばは、しょっつるベースの味に、魚介類中心の具材と粉末ワカメと昆布だしが入っためんを使う。市商工会は「観光地を訪れた際、気軽に食べてもらえると思う。男鹿の新たな魅力を感じてほしい」と、参加を呼び掛けている。
 連絡先は市商工会0185(24)4141。

※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100815-00000005-tkwalk-ent





コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

doiti

Author:doiti
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。