スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「二日酔い」にも効くキムチ 白菜の高騰で韓国中が大騒ぎ



 もともとダイエットに効くと、日本でも評判のキムチ。キムチに使われる唐辛子のカプサイシンが脂肪を燃やすと言われていたが、さらに新たな効用が発見されたと韓国で話題になっている。

「キムチの乳酸菌がオルニチンを生成することがわかったのです。オルニチンはアミノ酸の一種で、肝臓の解毒作用があり、成長ホルモンを分泌する働きがあることから、二日酔いなどを抑制する効果があるといわれています」(地元新聞記者)

 この話は、夜九時のプライムニュースで大々的に伝えられたが、同時にこんな状況も。

「九月中旬からキムチの原材料の白菜価格が高騰。九月末には例年の約七倍の一個一万三八〇〇ウォン(約千円)になりました。“このままではキムジャン(十一月中旬~十二月にかけてのキムチを漬ける行事)にキムチが漬けられない!”と韓国中が大騒ぎになっています」(同前)

 最近ではキムチは金(キム)チと呼ばれ、李明博大統領が青瓦台(大統領府)の厨房に「白菜の代わりにキャベツでキムチを作れ」と話したという談話が伝わったほど……。

 しかし白菜がなぜこれほど高くなってしまったのか?

「高冷地白菜の不作が発端です。高冷地白菜は肥沃な土壌と低温により、適当な水分が保たれ、サクサクとした食感がでるため他の生産地よりキムチ用に人気があるのですが、今夏の猛暑と暴雨で生産量が前年の四〇%近くまで落ちこんでいるんです」(同前)

 ソウル市内のスーパーや大手百貨店の食品売場でも、キムチは目に見えて品薄。

「十月に入り、韓国政府も中国産白菜の輸入関税を一時的に適用しないなどの対策に乗りだしましたが、これから収穫される白菜も不作が見通されています」(同前)

 キムチは日本人観光客のお土産としても大人気。また韓国のキムチ輸出第一位の国は、日本で全体の約八割を占めるという。このままでは日本でも本場のキムチが食べられなくなるかも。

「韓国人といえば毎食キムチを食べていると思われがちですが、最近の若いビジネスマンは、臭いを気にして、朝や昼は口にしない人が増えています」(ソウル在住の日本人)

 その分、日本に回してもらえる? (菅野朋子)

(週刊文春2010年10月28日号「THIS WEEK 食品」より)



※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20101021-00000001-sbunshun-int





コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

doiti

Author:doiti
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。