スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井上仏壇店:食器、イスなど新商品を開発 職人とデザイナーの“技”結集 /滋賀



 ◇「新たな仕事に」と意欲
 彦根市の地場産業、彦根仏壇の職人と東京のデザイナーの技を結集した食器やイスなどの新商品を、彦根市芹中町の井上仏壇店(井上昌一社長)が開発した。29日から東京・明治神宮外苑特設会場で始まった見本市「東京デザイナーズウイーク2010」(11月3日まで)に出展している。井上社長(43)は「仕事が減っている仏壇業界や職人の新たな仕事作りにつなげたい」と意気込んでいる。【松井圀夫】
 昨年5月に米国ニューヨークであった見本市で、仏壇の技を生かした新製品を出展した井上社長が、同じく参加していた東京のデザイナー、島村卓実さんと出会ったことから、共同での新商品開発が進んだ。県の新事業応援ファンドの助成を受けて昨年度から取り組んでいる。
 開発の第1弾は、コーヒーセットや抹茶茶わん、マルチトレー、タッパーウエア、イスなど10種47点。トレーの縁は彦根市後三条町の漆塗り師、中嶋誠作さんの協力で、顔料を混ぜた赤やピンク、白、ブルーなど10色の漆で彩り、楽しい雰囲気を出している。
 東京で開催中の見本市には、彦根の言葉で背筋を伸ばし、集中するという意味の「しゃんと」から付けた「chanto(シャント)」のブランド名で出品。来場者の人気は上々という。井上社長は「コスト面などクリアすべき課題は多いが、来年6月から販売したい」と話している。

10月31日朝刊



※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101031-00000159-mailo-l25





コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

doiti

Author:doiti
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。